ゆるゆるな毎日♪

日々あったことを綴ります。

いつも通り。

再び平穏な日々に戻りました♪

やっと夫がお米を食べられるようになり、いつものお弁当作りも始まりました。

f:id:sakurafubukimau:20190423192118j:image

昨日は無印のあさりの炊き込みごはん/おくらの卵焼き/ミニトマトチキチキボーン(レモン味)/蒟蒻の煮物。

今日はミニカツ丼/肉団子/おくらのおひたし/ミニトマト/ピーマンのソテーです。

少し間が飽きましたが、スムーズに作業を進められたのが嬉かったです♪

 

こちらでkimicoさんとお話して、いつも通りの私って何だろうか。と考えました。

その時には分かりませんでしたが、夫の為に頭と身体を働かせる。気を許せる方たちと優しく楽しい会話を重ね、皆の幸せを願う。空いた時間に自分を見つめ直し、本やネットでどうしていきたいかを探る。心踊る物を探す。そして、色々な事にイライラする(笑)これが私のいつも通りなのではないかと思いました♪

そして、今の私はいつも通りです!

 

最近の小さなイライラは、私が実家から買って貰った車を燃費が良いからと普段は管理を兼ねて弟が乗っているのですが、いつもガソリンをほぼ空の状態で渡してくるので、それを辞めて欲しいとお願いしたのです。そうしたら…。ラインを既読無視されました。

それについて弟は、空でもそこそこ走る。おかしいんじゃない?と母に言っていたそうです。こういうところ、本当に嫌だなー。と思いますが、滅多に会わない弟と価値観の違いを擦り合わせする必要もないので、なんなの!と思って流そうと思います。

イライラはしてもいい。けれど、継続をさせないようにしたいです!

 

金曜日は美容院へ。

f:id:sakurafubukimau:20190423204054j:image

ビールを頂きました♪

カレー屋さんで販売されていたそうなので、スパイシーな食べ物と合わせたいと思います!楽しみ♪

美容師さんはあまり悩まないし気にしないと聞きました。いつも感情がフラットって、(職場では特に!)素敵だなぁと思います。

私ももう少し感情を上手に扱えるようになりたいです。

穏やかな時間。

昨日は思い立ったが吉日。だと思い、早速欲しい物を見に行きました♪

アロマはもう少しどんな物が良いか検討したいので、今回はドリンクと本を購入する事にしました。紅茶はルピシアと迷いましたが、今回は無印にしました。

(まだ販売しているか分かりませんが、桜のお茶があるようなので、ルピシアにも近々行きたいです♪)

https://www.lupicia.com/shop/e/eS19tea/

お目当てはマスカットと桃の紅茶だったのですが、あったのは茶葉が紅茶ではなく、緑茶との組み合わせでした。美味しそうですが、他に惹かれた物があったのでそちらにしました。⬇

f:id:sakurafubukimau:20190417072742j:image

★アップルジンジャーのハーブティーです♪

両方の味をしっかり感じつつも、スッキリしていて、朝、飲むのにピッタリでした。

値下げしていたので、大好きなあさり山菜ごはんも購入。(これ、オススメです!)

金目鯛ごはんは初めて購入。頂くのが楽しみです♪

本のことは読み終えたら、また綴りたいと思います。

 

帰宅後は、先輩の誕生日プレゼントを手配しました♪(hanaさんがブログで紹介されていて、私も大好きになったマーロウのプリンです。ネットでお取り寄せができます!)

http://www.marlowe1984.com/shop/contents?contents_id=312050

再配達が不可なので、どうしようか迷いました。ですが、どうしても今回はこちらを贈りたくて、ネタバレにはなりますが、先輩に都合の良い日をお伺いして贈る事にしました。

(プリンを3種類と無花果のパウンドケーキにしました。)

到着は誕生日前日。もう既に喜んで貰えたのですが、食べてもう一度喜んで貰えたらと思います♪

久しぶりに先輩とお話できて楽しかったです。友人とは、お互いに言葉を選んで接する事ができる人を言うのだと改めて実感しました。連休何処かで遊びに行きたいとも言って貰いました。

またお会いできる日を楽しみにしたいと思います♪

いい感じ。

幸せは感じ取ろうとすればすぐ近くにあるのだと実感中。

朝:朝食の時間。

f:id:sakurafubukimau:20190416093623j:image

8枚切りの食パンでオープンサンドを作るのにはまっています。(今日はサラダチキンです。)明日は何を乗せようかと考えるのも楽しいです♪

それにフレーバーティーを合わせるのもお気に入り。今、飲んでいるのはチョコレート×オレンジ。そろそろ無くなりそうなので、新しい物を購入したいと思っています。

次はマスカットかピーチがいいな。温かい飲み物は朝でも夜でも気持ちをリラックスさせてくれます。

以前は冷たい飲み物が好みでしたが、こちらでkimicoさんと出会って温かい飲み物を意識的に摂るようになりました。(取り入れ方がとても素敵なのです♪)

 

:ベッドメイキングの時間。

GUMIさんに教えていただいたアロマ。(ラベンダー&オレンジを1滴)眠る一時間前に炊くことが完全に日課になってから、以前より睡眠の質が上がりました。

この香りは眠りへのスイッチです。

朝、窓を開けこのアロマの香りが消えた時に空気が変わったのを感じます。その瞬間、また新しい一日が始まった。と思えるのが好きです。

夜のアロマだけでなく、朝、気持ちが上がったり、頭がシャキッとするような香りを取り入れるのもいいかもしれない。

近々、見に行きたいと思います♪

 

:掃除後。

一時期、時間を決めずに行っていましたが、今は午前中に終わらせる事にしています。

特にトイレ掃除に力を入れて、毎日しっかり掃除をしています。換気扇はイスに乗らないとできないので気になった時だけですが、これも常に綺麗にできるようになりたいと思っています。

トイレブラシは使い捨てを使っているので、お金が以前よりかかりますが、仕方ない(笑)

これから好きな事を一つ一つ見つめ直していきたいです。

 

最近、読んだ本たち 。3ー10 .

f:id:sakurafubukimau:20190415192459j:image

『今日の私磨き』いい女.botさん。だいわ文庫。

この手の本が大好きで沢山持っているのですが、その中でも今の私に一番しっくりくる本だと思いました。

季節ごとにどんな事を大切にしたら良いのか書いてあるのも良かったです♪今なら1ページ目から実戦できます。

難しい内容は何一つなく、友人と話しているかのように優しく前向きな言葉がすっと心に入ってきます。

今、私のように足踏み状態の方に是非読んでいただきたい1冊です。特に、普段から色々な事を我慢をしている方にオススメしたいです。何か新しい発見があると思います。そして読み終えた後には、何かに一歩踏み出す事ができるのではないかと思います!

 

私はこの本を読んで、距離が出来ていた小説を再び楽しむきっかけをいただきました。(ここしばらく、もっとやるべき事があるのでは?という思いが強くて楽しむ事ができなかったのです。)大好きな本すら楽しめなかった今の私にはかなり有り難い事でした。

 

変えていった方が良いこと。逆にそのままで良いことの判断をするヒントも沢山書かれています。

このままでも良いんだと思えると、今の自分に自信が持てます。自信が持てると、他のページに書かれた事をやってみようかな?という気になれると思います。

それを積み重ねたら、今の自分より少し成長しているはず。それを思い浮かべるだけでも幸せな気持ちになります。

どんな状態にいても、そこにしかない幸せがある事を思い出させてもくれました。

しばらくこの本を繰り返し読もうと思います♪

これから。

ここ数週間のモヤモヤからやっと脱出できた気がします。何をしていても何だか空しくて気もそぞろでなかなか辛い日々でした。

普段なら、午後からスーパー以外へ出かける事はほぼないのですが、普段しない事をするのが大切なのではないかと思いたち、昨日は全ての家事を急いで済ませて夫が歯医者へ行くタイミングで一緒に外出しました。

家事は毎日しているお陰でスムーズに終了。

帰宅後も滞る事なく満足な一日を終える事ができました。(ここしばらく、私のしている事は何の役にも立たないという気持ちでいっぱいでしたが、そうではなかったんだ。自分の為になっていると気付けた事がとても嬉しかったです♪)

 

外出先では春物の服や本。そして、最近、指先が荒れがちなので専用のオイルを購入しました。トータルで2万円くらい使いました。

基礎化粧品や美容院以外でこんなに使ったのは久しぶりです。これから、気になる事にもっと使う予定です。

私は家が好きというより、楽だからいるのかもしれません。新しい自分を探す為の投資をこれからしたいと思います♪

 

頑なに私の希望を無視していた夫も、今では私のしたい事をしたらいい。応援している。と言ってくれるようになりました。

私はどうしたいのか。色々な物に触れて探していきたいと思います。

最近読んだ本たち 。3ー9.

f:id:sakurafubukimau:20190411211814j:image

『この闇と光』服部まゆみさん 角川文庫。

あらすじ:森の奥深く囚われた盲目の王女・レイア。父王からの優しく甘やかな愛と光に満ちた鳥籠の世界は、レイアが成長したある日終わりを迎える。そこで目にした驚愕の真実とは……。耽美と幻想に彩られた美しき謎解き

 

耽美と幻想。このワードに惹かれて手に取りました。よく見たら書かれたのは服部まゆみさん!迷わず購入を決めました。

世界観に惹かれただけではなく、甘やかされたお姫様がどう一人立ちをしていくのか。どうして幸せな世界が崩壊したのかにも興味が湧きました。読む前にこんなにもワクワクしたのは久しぶりです。

何だかんだとありつも、良くあるお伽噺のように素敵な王子様とハッピーエンドとなるのだろうか。それとも、自分の道を切り開き逞しく生きていくのか、果たしてどういうお話なのでしょうか?

 

最初から最後まで読んでいて気持ちの良い内容ではありませんでした。

それでも、私のように耽美な世界に惹かれる方には救いもあります。特に本が好きな方は胸がざわつきながらもきっと引き込まれると思います。(登場する本を通して登場人物の心情が伝わってきます。)

 

結末は…。予想外過ぎました。

(服部さんの作品を読まれた事がある方はそう来たか!と思われると思います♪)

幸せって何なのだろう。

主人公にとってこの結末は正解だったのだろうか。と読み終えた後に考え込んでしまいました。

起きた事はまさしく光と闇。

一見、光が正しいように見えるけれど、本当にそうだと言えるのだろうか。

今の私には答えが出ませんでした。

この先のお姫様の結末を知る事は永遠に叶いません。それがとても残念です。

服部まゆみさんは2007年に亡くなられているのをこの本で知りました。

もうこの世界に触れる事ができないのがとても淋しいです。

(数ヶ月前に見た文庫の新刊。少し高くて購入を躊躇っていましたが、買おうと思います!)

正しさは大切。だけれど、端から見たら、幸せとは呼べなくても、主人公が納得のいく人生を送って欲しい。そう強く思いました。

最近読んだ本たち 。3ー8 .

f:id:sakurafubukimau:20190411152022j:image

『あひる』今村夏子さん 角川文庫。

 

あらすじ:

あひるを飼い始めてから子供がうちによく遊びにくるようになった。あひるの名前はのりたまと言って、前に飼っていた人が付けたので、名前の由来を私は知らない。

私の生活に入り込んできたあひると子供たち。だが、あひるが病気になり病気に運ばれると、子供は姿をみせなくなる。

二週間後、帰ってきたあひるは以前より小さくなっていて…。

日常に潜む不安と恐怖をユーモアで切り取った、川合隼雄物語賞受賞作。

 

あひるの名前がのりたま!なんて可愛いの。

のりたまがどうなるのかを知りたい。薄いし読みやすいのだろうな♪

そんな気持ちで手にした作品です。

また、最後まであらすじを読まず、「不安」「恐怖」の文字を完全に見落としていました…。

断片しか見ず飛び付くところ。本当に悪い癖だと思うのですが、治りません…。

 

この作品は、3作品が収録されているのですが、160ページとかなり薄い本です。ですが、とても読みごたえがありました。(「あひる」の他に「おばあちゃんの家」「森の兄妹」が収録されています。)

あらすじに恐怖や不安と書かれている通りにどのお話も心をざわつかせ嫌な後味がありました。

 

3作ともお話の中心にいるのはどこにでもいるような子供たちです。お話もどこかで聞いた事があるような事だったり、もしかしたら、ご自身に経験があったりするような事だと思います。あひるが消えた理由も驚くようなことではありませんでした。(のりたまが…。)

それなのに、どうしてこんなにも胸をざわつかせるのか初めはとても不思議でした。それが、こうやって感想を書いているうちに気持ち悪さの正体が少し分かったような気がします。

羞恥心。罪悪感。後悔。あの頃には分からなかったタブー。理不尽だけれどどうにもできないもどかしさ。防ぎきれなかった子供ゆえの出来事の連鎖が何とも言えない気持ちにさせるのだと思いました。

そして、そこに不完全な大人の姿が加わり、よりその気持ちを増幅させたのだと思います。お伽話や夢を描いたようなハッピーエンドなんて存在しない。人はそうそう変われない。結局、子供だった人たちの多くが見てきたような大人の姿になってしまうせつなさ。動物の立ち位置の低さもまた心をざわつかせます…。

 

本当はこうした方が良いのだろうと思いながらも、何だかんだと理由をつけて見ないふりをした。自分の欲望に流されてしまった。

幼い頃はこのように自分を制御できない人が大半だと思います。今は立派な大人だと自負する方でも、後悔していることの1つや2つあるのではないでしょうか。誰もがきっとこの感情から逃れられないのではないかと思います。そして、時代が変わっても人は永遠にこれを繰り返していくのではないかと思います。

そこに目をつけた今村さんの凄さを感じる作品でした。