ゆるゆるな毎日♪

日々あったことを綴ります。

少しずつ改善。

昨日、夫のことでこちらで素敵なアドバイスをいただきました♪

ネットで調べても目にした事がない情報でしたので、大変有り難かったです。(有難うございました!!)

思い当たる節が有り過ぎでした…笑

 

早速、アドバイスを受けて、改善しました♪

夕食の量を減らしたのです!

f:id:sakurafubukimau:20190220092410j:image

★鶏胸肉の甘酢あんかけ。アボカド&トマト

蒟蒻料理をもう一品作る予定でしたが、辞めました。食べて直ぐに眠るので消化不良になると思ったからです。

少しでもヘルシーにとは思っていましたが、そこまで考えていませんでした…。反省です。空腹で帰って来るので、つい沢山作っていました。

不満が出ないかと心配しましたが、味がしっかりしていたからか、何かない?とも言われませんでした♪

 

胃が軽いからか、朝も目覚めがスッキリでした。夫も珍しく一回声をかけただけで起きてきました。

f:id:sakurafubukimau:20190220100024j:image
★本日のオクラは卵焼きです。ハムとネギを加えました。

あとは、ちくわの海苔チーズ巻き。山葵菜とエリンギのマヨネーズソテー、ゴボウと人参の甘辛煮、ミニトマト、ピーマンといんげんの焼肉のたれ炒め。

ごはんは蟹飯のふりかけです。

 

昨晩、もうお弁当のメニュー決めたかなー。明日小さい鞄で行きたいからお昼ごはんお握りでいいよ!と言っていた夫。

数分後、「あっ、PCを持って帰らないとダメだから、お弁当で大丈夫!」と言ってきました。

「気遣いまでは良かったけれど、作って貰う立場で~でいいよ!とか大丈夫!とか言わないで貰える?」と伝えたのですが、ピンと来ていないようでした…。

一体いくら使ってるんだ!なんて怒っていたのに、今ではすっかりお弁当がお気に入りなのも少し腹立たしい。

ですが、喜んで貰えるようにこれからも頑張りたいと思います(笑)

なかなか難しい。

昨日は本を読んだり、掃除をしたりして何とかお昼寝なしで乗り越えました♪

それなのに…。偶然、目にしたTV(激レアさをを連れてきた)が面白くて目が話せないでいたら、夫からマッサージを頼まれて寝るのが結局25時になってしまいました。

(TVの内容は赤字1億円の動物園を飲みニケーションで黒字にされた園長さんのお話でした。)

次からは録画しよう…。

 

朝はここ最近で一番辛い朝でした。

お弁当は何とか完成。

f:id:sakurafubukimau:20190219131310j:image

★本日のオクラはリクエストの肉巻きです。

あとは、カニカマとねぎの卵焼き、ハムののりチーズ巻き、茄子とピーマンのぽん酢炒め、しいたけのバター炒め。

ごはんは鰻の蒲焼きのふりかけ。

 

作り終えて一息つくと、夫が起きてきて「背中痛い。なんでだろ?」とずーっと言ってくるので、私も朝痛いよ。ベッドマットが柔らかすぎるのか、肝臓に負担が来ているんじゃない?と答えたのですが、まだ訴えかけてくるので、病院行って!と怒ってしまいました。冷たいかもしれませんが、しつこくされるのが本当に苦手です。原因が分かれば協力できるけれど…。

それを受けて、夫はしぶしぶ病院へ出掛けていきました。

 

3時間後、もうこんな時間…。検査に8000円も取られたとぶつぶつ言いながら帰宅しました。(レントゲンでは原因が分からず、MRIを撮ったようです。)

内科にも行くように言われたけれど、帰って来た。と言います。その為に総合病院へ行ったのに、何をしているのだか。

何もないなら安心だし、検査してもらえて良かったと思うよ。丁寧な先生で良かったね!

と伝えると、不服そうな顔をしていましたが、お弁当を食べ出すとニコニコ。お腹が空いていたのかな?(笑)

食べ終えて湿布を貼ってあげると出勤していきました。

今夜もマッサージ、頑張ります!

最近読んだ本たち 。3ー7 .

f:id:sakurafubukimau:20190218143313j:image

『私が語り始めた彼は』三浦しをんさん 新潮文庫

 

「誰にも言えない」に受けた衝撃を落ち着けたくてこの本を読んだのですが…書き出しの残酷さがそれを簡単に飛び越えた為に、思わず一度本を閉じてしまいました。

あらすじと全然違う!これは良い意味ではない!とちょっと怒りを感じつつ本を読み進めました(笑)

できたら、TVの様に残酷なシーンがある事を事前に知らせて欲しい。

 

ーあらすじー

私は彼の何を知っているというのか?

彼は私に何を求めていたのだろう?

大学教授・村川融をめぐる、女、男、妻、息子、娘 ー

それぞれに闇を抱えた「私」は、何かを強く求め続けていた。だが、それは愛というようなものだったのか…。

「私」は彼の中に何を見たのか。

迷える男女の人恋しい孤独をみつめて、恋愛関係、家族関係の危うさをあぶりだす。

 

残虐なシーンから始まったこの物語はまた違う意味で私の心を曇らせました。

読み終わって、夫婦って、結婚ってなんだろうと思いました。

結婚相手は自分で選んだたった一人の特別な人のはず。その関係の中で生まれた子供たちもまたかけがえのない人のはず。それなのに、命が尽きるその日まで、たった数人をどうして大切に守り通せないのだろう。

そう思う反面、数十年の間に結婚相手を見つける事を酷だとも思います。

37年私をやっていても自分の事が分からないのに、他人の事なんて分かるはずもない。

一瞬の判断を信じてやっていくなんてある意味凄い事で、守れない人がいたとしても不思議ではないのかもしれないなぁ。なんて思ったりもします。

9年前に結婚をした私と、今現在、夫との関係を大切にしたいと感じる事が少し誇らしくなりました。今の私が一人だとしたら、結婚という選択をしていたか正直分かりません。

喧嘩をする事も含めて、今は割りと上手く夫婦でいられている気がします。

我が家は互いに向き合う気持ちが有り、うっすらではありますが、お互いに求めている物を理解しているのだと思います。

 

一つの家族とそれに関わる人たちの目線で語られる話はどれも自分中心で、読む人の立場によって感想がかなり変わってくると思います。(私は融さんが嫌いです。大嫌いです。)

全て内容は重いけれど、息子さんの目線で書かれた「予言」が一番のお気に入りです。

友って大事だと改めて思いました。

 

しをんさんの文章力がスゴすぎて、同じ立場になった事がないにも関わらず、まるで自分が味わっているかの様に登場人物の感情が私の心に流れ込んできました。

(感情を情景に例えているのですが、その光景を想像すると、どのような気分なのかがおのずと分かります。そして、物語の舞台もその時の感情を増幅させるのに一役かっていて、まるで援護射撃のような役割を果たしています。本当に凄い!)

 

ラストに田村隆一さんの「腐国画」の1文が乗っていました。

この詩からここまでの話を作り上げるなんて…本当に本当に凄い作家さんだと思いました。

田村さんについて調べたら何人も奥さんを貰う違う意味で凄い人でした。

こうやって、知識が広がる事も楽しいなぁ。と思います。次は何を読もうかな。

 

最近読んだ本たち 。3ー6 .

f:id:sakurafubukimau:20190218124356j:image

『誰にも言えない』丸木文華さん。集英社オレンジ文庫

 

ーあらすじー

日本有数のセレブ一家の家庭に生まれた葵は、お気に入りの女友達3人を誘って、避暑地に遊びに来ていた。

モデルの優衣、小説家の莉子、スプリンターのひまり…容姿、ステータス、才能、どれをとっても宝石のような輝きを放つ美少女たち。

避暑地の夜の帳が下がり、完全な闇に包まれた4人は、「誰にも打ち明けていない秘密の話」を順番に打ち明けることとなったのだか!?

 

もし、この4人の誰かに自分を当てはめるとしたら、きっと莉子だと思います。

育った環境は全く違いますが、私もよく見た目と中身のギャップに驚かれますし、視野が狭いタイプだとも思います。そして、賑やかな場所より静寂を好み、ひまりタイプの人に憧れがあります。

だからと言ってあんな事をしたりはしませんが…。

一線を越える人と越えない人の違いはなんなのでしょうか。理性?生まれ持った特性?それとも、タイミング?

 

久しぶりに私の予想を越えてくる作品でした。

若い女の子の秘密なんて大したことがないだろう。言っても、週刊紙を賑わす程度なんだろうなぁ。と思っていたら…。

悪趣味だと思いつつも、最後までいっきに読んでしまいました。

(よく見たら裏表紙に「サイコ・ホラー」の文字がありました。完全に見落としていました 笑)

口火をきった葵の告白がかなり衝撃的で、どんどん尻すぼみになるのかと思いきや、他の3人の秘密も酷いものでした。

彼女たちの現実場馴れした秘密が現代の闇と上手く絡み合いますます闇を深くします。

彼女たちの秘密もですが、その感覚がより恐ろしいです。

結末もあらすじからは想像もしない結末になっています。

内容は重いですが、200頁と薄いのでサクッと読めると思います。サイコ系が大丈夫な方にはオススメしたい作品です。私は読んで良かったです。

 

丸木文華さんの作品を読むのは初めてでした。他の作品を読んでみたいと調べてみたら、ボーイズラブ中心で、他に書かれている小説も残念ながら興味が湧かなかったので、次回作を楽しみに待ちたいと思います。

 

夢中で読んで眠気が飛んだのは良かったけれど、内容が濃すぎて今夜悪夢を見そうです…。

今週こそは!

休日を利用して、夜眠れない。を改善させる予定でしたが、上手くいきませんでした…。

(お休みだからここで睡眠不足解消したい。とついお昼近くまで眠ってしまったのだから、当然です…。)

今週は美容院の予約をしているので、そこで治るとは思うのですができたらその前に治したいものです。

 

今日は夫が仕事パソコンを持って帰って来たので、お弁当箱が鞄に入らずお握りのみ。

お陰で7時まで眠れました♪

ですが、3時半ぐらいまで眠れず睡眠不足ではあります…。お昼寝はしたくないけれど、無理はしないようにしたいと思います。

 

教えていただいたアロマは眠れない。どうしよう…。という不安な気持ちを和らげてくれます。ラベンダーの甘い香りとオレンジの爽やかな香りが合わさって癒し効果は絶大です♪

私は鼻炎で特に夜は鼻がつまりやすいので、一滴ずつで香りが分かるか心配でしたが、しっかり部屋中を香らせてくれているので、大丈夫でした。

香りに敏感な夫も気に入ってくれて一安心。これからずーっとお世話になりたいと思っています。

素敵な香りを教えてくださり本当に有難うございました♪

 

今日は朝イチでシーツを洗っています。

夫を送り出したら部屋の掃除に取りかかって、眠気を撃退したいと思います!!

 

休日のごはんたち。

金曜日。

f:id:sakurafubukimau:20190218081242j:image

土曜日。

f:id:sakurafubukimau:20190218081308j:image

日曜日。

f:id:sakurafubukimau:20190218081323j:image

f:id:sakurafubukimau:20190218081341j:image

〆はソウルフードきしめんです。

f:id:sakurafubukimau:20190218081418j:image

今週も沢山野菜を食べたいと思います♪

最近読んだ本たち 。3ー5 .

f:id:sakurafubukimau:20190217123016j:image

『酔いどれ小藤次13 鼠の草紙』佐伯泰英さん 文春文庫。

 

今回は珍しく戦闘の描写が少なく安心して読む事ができました♪

この作品も32巻目。

過去のエピソードを振り返るシーンではそんな事あったかなー?と思う事もあり、長く続いている事を実感しました。

乳飲み子だった駿太郎くんも12才。

ずーっと成長を見ているので、変わらず良い子に育っている事をとても嬉しく思います。

彼の将来がとても楽しみです♪そろそろ、恋の話なんかも出るのかな。幼馴染みと添い遂げて欲しいけれど、きっと彼は武士になるだろうから、町人との恋は難しいだろうか。

 

今回は江戸を離れて丹波篠山(兵庫県中東部)が舞台です。

そこに保管されている『鼠草紙』がタイトルになっているのですが、佐伯さんがこの作品の為に作ったのかと思ったら、実在すると知って驚いています。

室町時代に作られ、江戸時代に流行ったのだとか。その当時の絵巻を東京国立博物が所蔵しているそうで、意外に近くにあったようです。流石、東京。

いつか見られたらいいな。

観た方の感想はぐりとぐらの絵本みたいで可愛いと言うものが多くありました。

好きだったので、観たらきっと好きになるに違いないです♪

 

お伽噺ということで、文字に携わるおりょうさんの出番が多かったのも嬉かったです。

次回も争い事が少ないといいなぁ。と思います。

バレンタインデー♪

今年のバレンタインデーは14日に近づくに連れて夫婦揃って体調が悪くなって行った事もあり、思いきって、出会って初めてお休みするつもりでした。
夫にも、来月ライブイベントに付き合うから何もしなくていい?と聞いたら、いいよー!と返事があったので、前日までその予定でした。
しかし、当日の朝、帰りに何か買ってこようか?ごにょごにょ…(聞き取れなかった 笑)と満面の笑みで言われ、あんな顔をされたら、何もしないなんて期待を裏切るかなぁ。と、急に良心が痛みだし、今年もできる限りの事をしようと覚悟を決めました!!


先ずは毎年恒例のゴディバのチョコレートを見に行きました。今年は出遅れて、残念ながらお目当てのバレンタインデーコレクションは売り切れでした。
f:id:sakurafubukimau:20190214194019j:plain
小さいサイズはあったのですが、フレーズと抹茶は夫の好みではないので、諦めて他の商品を購入しました。
ことしはこちらです⬇
f:id:sakurafubukimau:20190215084233j:plain
f:id:sakurafubukimau:20190215084250j:plain
キューブトリュフです♪
店員さんにお伺いしたら、私のお目当ての品は三日前に完売したそうです。
来年はもっと早めに行きたいと思います。ゴディバ舐めていました…。


その後はノンアルコールのスパークリングワインを購入しました。
f:id:sakurafubukimau:20190214194701j:plain
お酒が好きなので、わざわざノンアルコールを購入することに少し切ない気持ちになりましたが、体調が悪いので致し方ないです。
他にも3種類ほど有り、選ぶ事ができるのは有り難いと思いました。
フランス産でモトックスが空輸しているのだからと期待しましたが、お味は酸っぱい白ブドウジュースと言った感じです。気分だけは味わえるので購入して良かったと思います。

食事もデパ地下などで購入しました。
f:id:sakurafubukimau:20190215084121j:plain
デザート付きです♪
f:id:sakurafubukimau:20190215084141j:plain
私はデザートまで行き着けませんでした。今日のおやつにしたいと思います!
本当はお花も飾りたかったのですが(こちらでブログを読ませて頂いて素敵だと思いました♪)荷物が多過ぎて断念しました。
また誕生日にリベンジします!

肝心の夫の反応ですが…。
とても喜んでくれました♪
チョコレートを見て、なんでー??
良かったのー?と言っていました。

次は誕生日に向けてお小遣いを貯めたいと思います。
これからも、イベントは大切にしていこうと思います。

今週のお題「わたしとバレンタインデー」