ゆるゆるな毎日♪

日々あったことを綴ります。

最近読んだ本たち。29.

f:id:sakurafubukimau:20170627100658j:plain
『かわいい結婚』山内マリコさん 講談社文庫。

山内さんの作品を読むのは二度目。
前回は『パリに行ったことないの』を読みました。↓

しかし、手にしたのは全くの偶然。
私は彼女の作品が好きな様です♪
好きな作家さんが増えるって嬉しい‥。

今回のお話は三つの短編が収録されています。色んな結婚と友情の形が見られて面白かったです!

一つ目は、家事が苦手な専業主婦のお話。こんな人いるのかな‥?と思う部分もあるけれど、友人との付き合い方や私は誰とも恋なんかしない!と思う気持ちには共感できます。
その時必要だったからで繋がった関係は壊れやすいと思う。必要が解かれた時、またねー!とテンション高く別れてもまたなんてそう簡単にやってこない。友達というより限りなく知人に近い関係。でも、交わっている期間は自分の中の優先度合いは高めだったりするから不思議。例えるなら、義務教育時代に席が隣や前後と理由で無理矢理組まされたグループ。
お互い同じ気持ちな事が多いから、いなくなっても直ぐにそれが当たり前になってまた違う誰かが現れる。
こんな人間関係も生きてく上で必要なのかな。

夫の関係も、付き合っている時とは良いと感じる物が180度変わった事に驚く。恋人時代は安心感よりトキメキの方が重要だった気がする。素の姿を見せられる事が手抜きにすら感じたこともある。恋人に求める条件も安心感が最優先ではなかった。
どちらが幸せかと問われたら個人的には断然今だと思う。
必要以上に良くみせるのは疲れる。あの頃は必死過ぎたのかそんなこと思ったことなどないけれど。
自分を偽らなくて良い事がこんなに快適なんて安心感があるなんて、結婚しなければ分からなかったと思う。
腹立つことも多いけれど、結婚して良かった(笑)

二つ目は会社員の男性が目覚めたらスタイル抜群の女性になっていたというお話。目覚めて細マッチョの男性になったら‥絶望しかない。
普段、普通に行っている事を活字にするとこんな面倒なことしているんだとビックリしました。さらに、男性がこんなにも分かってくれていないんだと知ってさらに驚きました。
このお話の結末はもっとビックリさせられます♪

三つ目は親友のお話。二人は同じ人を好きになったことすら楽しめるぐらい仲良し。それが別々の道を歩むことになる。
私は誰かとこんなにベッタリ依存し合うのは好きではないですが、二人のやりとりは見ていて面白かったです。
環境が変わると相手の立場や価値観も変化し昔の関係ではいられなくなることがある。それを乗り越えて今も存在する友情をとても有り難いと読んでいて思いました。そして、これからも乗り越えられると信じたいです。

広告を非表示にする