読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるな毎日♪

日々あったことを綴ります。

最近読んだ本たち 11.

f:id:sakurafubukimau:20170326073742j:plain
林真理子さん 『ルンルンを買っておうちに帰ろう』角川文庫

私は林真理子さんが好きです。
とある番組でお見かけした時に、豪快さがあるのに、少女の様な可愛さがあって、素敵な人だなぁと思いました。
その番組には他に2人の女性が一緒に出演されていて、3人のうちお一人の好きな異性が登場するという企画が行われていました。
残念ながら、林さんが会いたいとおっしゃっていた、ディーンフジオカさんは登場しませんでした‥。
その時の林さんの落胆ぶりは見事なものでした。
それを目の当たりにした、ゲストの男性の所在なさげな姿と、指名した女性の申し訳なさそうな顔が忘れられません。
その行為自体は凄く失礼な事だと思いますが、これを観た時に、大人の女性が好意を寄せている人に会えなくて心底残念がっている姿は本当に可愛らしいと思ったのです。
そう見えたのは、林さんが自立して、強い女性に感じるからこそだと思います。そして、自分にとても正直で真っ直ぐな方だなぁ。と思い、一瞬で好きになりました。

そして、このエッセイを読んでますます好きになりました。(内容的には好みで無い部分もありましたが‥。)
嫌いな有名人の固有名詞がでてきたり、妬みが全開で、清々しいくらいに林さんの本心が書かれています。
ここまで自分をさらけ出せるって凄いなぁ。と純粋に思いました。
そして、あの乙女な姿を持つ理由が分かりました。

昨日、過去。現在。未来。は点と線だというお話をしていただいたのですが、正しくそういう事だと実感しました。
きっと、あの時その話をしなければ、そういう視点でこの本を見る事はなかったと思います。
未来を素敵にしたいなら、今を大事にするのが一番!私も、自分に正直に自分が好きになれる未来を作りたいと思います。

本来のこの本の売りは、今まで女の人が絶対に書かなかったような本。だそうです。初版が昭和60年だったので、当時はかなりセンセーショナルだったのだと思います。
読んでみて特にそう感じなかった事に時代の変化を感じます。