読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるな毎日♪

日々あったことを綴ります。

お金の使い方とこれからしたいこと。

昨日、結婚前の口座がずーっと放置になっていたので、10年経過する前に入れるなり出したりしなければいけないなぁ。と思い行ってきました。
金利のおかげか、私がいくら入れたのか忘れているだけなのか、ちょっと増えていました。
そこで、ふと思いました。
結婚を意識し始め、夫に結婚資金を具体的な数字で貯めるように言われるまでは,お金は自分の為に使っていたなぁと。

貯めるように言われた額は、当時の私にはなかなか大きな数字でした。
ボーナスを全額貯金しても足りないぐらい。。。
ですが、言われた期日までに不思議と貯める事ができました。
愛の力は偉大だったのか、私の根がまじめだったのかは今となっては分かりません(笑)
その後も無駄遣いはおさまりましたが、自分の為と言う姿勢は然程かわりませんでした。
それが、結婚を機に親元を離れてからは、母の日や誕生日などのイベント。季節の変わり目には必ず実家にプレゼントを送る様になりました。
それでも、自分の物が買えなくなる‥と言う気持ちはどこかにあった様に思います。

その考えが友人の一言で変わりました。
『自分の物を買っても、満足するのはほんの一時の事。それ以降は只の物とかす。だけど、誰かの為に使ったお金はその人の笑顔と思い出になり、のちのちも、あの時は有り難うみたいに何度も二人を笑顔にする。だから、自分の為の買い物を最近した覚えがない。でも凄く満たされているし、満足している。』
それを聞いたのが、実家に贈り物をするのが習慣になっていた時期と重なり、すっと腑に落ちました。
その後は、友人の誘いも予定が空いていれば前日でも喜んで約束します。
イベント事を気にかけ、贈り物を考えます。その際、自分の事など頭には浮かばなくなりました。夫への小さなお土産もその頃からの習慣です。

この友人は定期的に私に名言を贈ってくれますが、気軽に会える距離ではないので(私的には)いつか、大きなお返しをできたらいいなぁと思います。
それまでは、身近な大切な人へ感謝を贈ります。
まずは、この前会いに来てくれた友人へ。彼女たちの大きな決断へエールを送る為のプレゼント。
もう、一つは、大好きないとこの子供たちへの入学祝いと進級祝い。
喜んで貰えるかは分からないけれど、皆の笑顔を想像するだけで、私は既に温かい気持ちでいっぱいです。
贈る相手がいることはお金を持つ事より価値がある。
教えてくれた友人と側にいてくれる人に感謝したいと思います。

ちなみに、増えた数千円は全額ひきだしました。
物産展で購入したもの。コミック。今日の朝食のパンなどは全部それらで購入しました。
あれ??人はそう簡単に変われないようですね(笑)