読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるな毎日♪

日々あったことを綴ります。

最近読んだ本たち。

f:id:sakurafubukimau:20170317202008j:plain
津村記久子さん 『とにかくうちに帰ります』 新潮文庫

パートで働いている頃の話。通勤先は大きな川を渡った数駅向こう。
朝のニュースで台風の影響で電車が運休する可能性が有るので、予定の無い方は自宅に居るようにと言われる日がありました。その日、残念ながら私は出勤日。
私と夫は仕事の価値観が違い、パートなんだから、休めばいいと言う夫と仕事なんだから休めないと思う私は出勤前に喧嘩。
結局、反対を押しきって出勤しました。
その後、荒れる天候。
私以外の全員が徒歩で帰れる距離の為、帰れる雰囲気ではなく‥ソワソワしながら働いていましたが、あがり時間の2時間前、意を決して社員さんと交渉。時間まで働いて旦那さんに迎えに来て貰ったら?との返事でした。
ダメ元で電話した所、自業自得。俺、家だけどお酒飲んだから行けない。
まぁ、頑張ってと言われました‥。
その話を社員さんに伝えると、同情して帰してくれました。
しかし、もう既に運休‥。
職場でタクシー代を出してくれたのですが、行列。
優しい方ばかりで同じ方向で乗り合いすることになり、待ち時間1時間ちょっで帰宅することができました。
それ以来、台風の日の仕事は完全にトラウマになりました。

そんな経験を持つ私。
この題名を見た時。手に取らずにはいられませんでした。
この本の世界でも優しいのは見ず知らずの人でした。
そして、予定外のできごと。とりわけ同じ苦難を共にする人とはそれまで特別仲良くない相手でも距離を縮めてくれます。
登場人物はどこにでもいそうなのに、とても魅力的な人たちばかり。
この本の舞台は会社で、いくつかのお話からなっています。そのなかでも台風の話は1話だけなので、トラウマがある人もない人も楽しめる内容になっています♪
とっても面白かったので、一人でも多くの方に読んでいただきたい。