ゆるゆるな毎日♪

日々あったことを綴ります。

本。

最近読んだ本たち。29.

『かわいい結婚』山内マリコさん 講談社文庫。山内さんの作品を読むのは二度目。 前回は『パリに行ったことないの』を読みました。↓ しかし、手にしたのは全くの偶然。 私は彼女の作品が好きな様です♪ 好きな作家さんが増えるって嬉しい‥。今回のお話は三つ…

最近読んだ本たち。 28.

『ミドリのミ』吉川トリコさん 講談社文庫。小学校3年生の女の子。ミドリ。を中心にお話が進んでいきます。 父の広には源三と言う恋人がいます。源三は名前の通り男性で、母の貴美子とは、離婚の話が出ているのですがなかなか話は進みません‥。この環境。見…

最近読んだ本たち。 27.

『私の命はあなたの命より軽い』近藤史恵さん 講談社文庫。主人公は東京で夫と暮らす遼。出産を間近に控えているのですが、夫が急に半年の海外出張が決まり里帰りする事になりました。 いざ帰ると家族の様子がおかしい。 とても仲の良い家族だったのに‥。 い…

最近読んだ本たち。 26.

『地下の鳩』西加奈子さん 文春文庫。西さんの作品を初めて読みました。 CHARAさんとだったかな?と対談されているのを拝見し西さん自身に好感と興味を持ちました。 その後、なかなかご縁がなく、今回やっと読むことができました♪この本の舞台は大阪の繁華街…

最近読んだ本たち。 25.

『楽園』花房観音さん 中公文庫。色んな意味で凄い本でした。読み始めと読み終えたあとの印象がこうも違うとは‥。とても驚いています。ストーリーも思っていた展開とは違い面白いと思いました。舞台は京都の花街の跡地に建つハイツ。その名は楽園。 そこに住…

最近読んだ本たち。 24.

『春の庭』柴崎友香さん 文春文庫。裏表紙のあらすじを読んで衝動買いしました。主人公は30代の一人暮らしの男性(太郎)。ある日、同じアパートに住む、隣に建つ水色の家に異様な関心を持つ女と出会います。 異様のフレーズに一体何が起こるのかとワクワク。 …

最近読んだ本たち。 23.

『これからお祈りにいきます』津村記久子さん 角川文庫。主人公は高校生のシゲル君。 不倫中の父。不仲の母。不登校の弟の4人暮らし。 彼の住む街では、願いを叶えるのと引き換えに取られたくないと思う部位を作り、神様(サイガサマ)に捧げるという祭りが行…

最近読んだ本たち。22.

『夏を喪くす』原田マハさん 講談社文庫。今日、贈り物を購入した帰り道。 急に小説を読みたい衝動にかられて、本屋へ立ち寄りました。 一番最初に私の目に止まったのは原田マハさんの名前とブルーの表紙でした。 原田さんの小説なら大丈夫な気がする。 これ…

最近読んだ本たち。21.

『やさしい人』 加藤諦三さん PHP文庫私が知りたかった答えがここに有りました。加藤さんの本を読むのは2冊目なのですが、前回の本以上の衝撃でした。優しい。私が思っていた優しさは優しさではなくエゴだったのだと知りました。 この勘違いに気が付く事がで…

最近読んだ本たち。 20.

『40歳からの迷わない生き方』浅野裕子さん 三笠書房40歳まであと4年と少し。 まだ沢山ある様に感じますが、実際はあっと言う間だと思います。 そこで、将来に備える気持ちでこの本を購入してみました。実際に読んでみると、どのお話も胸に刺さりました。今…

最近読んだ本たち。19.

『パリに行ったことないの』山内マリコさん 集英社文庫。題名通り、パリに行ったことのない女性たちが主人公のお話です。 出てくる女性は立場や年齢が様々な為、同じ場所について書かれていても、街へのイメージや思うことはそれぞれ違います。 それなのに全…

最近読んだ本たち。 18.

『マリコ、カンレキ!』林真理子さん 文春文庫今回もストレートな物言いに、スッキリした気持ちにさせて頂きました! 余計なことを言わない。敵を作らないことは生きていく上で賢いとは思うけれど、私は自分の意見をしっかり持っていて発言できる人に好感を…

最近読んだ本たち。17.

『うまくいく夫婦、ダメになる夫婦』の心理 加藤諦造さん PHP文庫この本を目にした時。真っ先に、『一緒にいるとなぜ疲れてしまうのか』という帯の言葉が目に入ってきました。 その日は連休3日目でまさに夫といる事にくたびれていたので、買わずにはいられま…

いただきもの。

帰省した時に母から貰いました♪ 最近は、ファッション誌よりこういった実用的な雑誌が好きです。 これだけあるどれから読もうか迷います。発刊順に読む?それとも好きな物から? どれも興味のあるテーマなので表紙を見つめるだけでワクワクします。

昔の好み。

私は実家を出て空になった衣装ケースを本棚代わりに使っています。 その中の一部をご紹介♪ 海外のラブコメばかり(笑) こんなにはまっていたのに、今は一切読まなくなりました。 ここにある本も結婚後、一度も開いていません。 ですが、思い出が詰まっていて…

最近読んだ本たち. 17.

川上弘美さん 『なんとなくな日々』新潮文庫。川上さんの作品は一度も読んだことがありません。ですが、このエッセイを読んで、手に取ってみたいと思いました。 川上さんの物事の感じ方が好きだと思いました。 やる気があるようなないような。アクティブなの…

最近読んだ本たち 16.

安東みきえさん『頭のうちどころが悪かった熊の話』新潮文庫。タイトルと表紙に惹かれて購入しました。主人公は様々な動物たち。 寓話集なので、どのお話も色々と考えさせられます。 全体的に内容は暗めなのですが、自然の摂理だと思えばハッピーエンド好き…

最近読んだ本たち 15.

江國香織さん『ホテルカクタス』集英社文庫 この本を読んだ時。この詩が頭に浮かびました。「わたしが両手をひろげても、 お空はちっとも飛べないが、 飛べる小鳥はわたしのように、 地面をはやくは走れない。 わたしがからだをゆすっても、 きれいな音は出…

最近読んだ本たち 14.

原田マハさん 『独立記念日』PHP文芸文庫この本は、幾つかの短編が合わさったお話で、一話一話はとても短いのですが、内容自体はとても濃く、読みごたえがあります。主人公はその度に変わり、前回の脇役が次のお話では主人公という初めて出会うスタイルでし…

過去に読んだ本たち 3.

角野栄子さん『魔女の宅急便』角川文庫昨日のブログに繋がるきっかけになった本。あのやり取りは、先輩がジブリが好きなので、この本をお貸ししたのがきっかけだったなぁ。とふと思い出しました。ジブリの作品の中で私は断然、『魔女の宅急便』が好きです。 …

最近読んだ本たち 13.

佐伯泰英さん 『大晦り』文春文庫好きな本は読み出すとあっというまで、 1日もかからずに終わってしまいます。 佐伯さんは他にも沢山のシリーズを出されているので、新刊がいつ出されるのか全く読めません。 その為、大事にとって置いたのだけれど、手元に読…

最近読んだ本たち 12.

村上春樹さん 『女のいない男たち』文藝春秋。村上さんの作品を読むのは人生で3度目。他の2作は高校生の時に人から借りて読みました。(世界の終わりとハードボイルドワンダーランド。海辺のカフカ) どちらにもはまる事ができず、このタイトルなら、私にも読…

最近読んだ本たち 11.

林真理子さん 『ルンルンを買っておうちに帰ろう』角川文庫私は林真理子さんが好きです。 とある番組でお見かけした時に、豪快さがあるのに、少女の様な可愛さがあって、素敵な人だなぁと思いました。 その番組には他に2人の女性が一緒に出演されていて、3人…

過去に読んだ本たち 2.

[アンデルセン 『絵のない絵本』新潮文庫 訳.矢崎源九郎さんこの本との出会ったのはまだ10代の前半でした。学校で読書の時間が設けられており、私は幼い頃から読書が好きで、だいたい手元には一冊何だかの本を持っていたのですが、その日はなぜだかそれがな…

過去に読んだ本たち 1

柴門ふみさん 『大人のための恋愛ドリル』 新潮文庫私は恋の話が好きです。 中学生までは恋について話すのは恥ずかしい事でした。それも、彼氏がいる大人びた友人と接する事で、いつしか何より楽しく重要な話題となりました。 高校生になり彼氏ができると、…

最近読んだ本たち 8.

柴崎友香さん 『週末カミング』 角川文庫私の生活は、平日と週末の境目が余りありません。夫が一日家にいるかいないかぐらいです。 それで、後ろ書きか何かにあった*週末はいつもより少し特別な日*がどんな物なのかが気になって購入しました。 夫と過ごす1…

最近読んだ本たち 5.6.

宮木あや子さん 『甘いゆびさき』 『官能と少女』 ハヤカワ文庫どちらも可愛らしい表紙の絵に惹かれて購入。中身を確認せず購入したら、まさかの官能小説。 どちらもなかなか病んでいる。そして重たい。 人によっては嫌悪感から読む気がうせるかも‥。 あまい…

最近読んだ本たち 4.

角田光代さん 『だれかのいとしいひと』 文春文庫『対岸の彼女』を読んで以来。角田さんの作品は2冊目になります。 今回は前回とは違い、幾つかのお話でできた本になります。 私は、バットエンド。orハッピーエンド。でしたと、きちんとオチがある作品が好き…

最近読んだ本たち 3.

角田光代さん 『対岸の彼女』文春文庫主人公は冴えなくて影が似合う感じの専業主婦と自由奔放な光が似合う女社長。 いっけん、交わりそうにない二人は時を追うに連れどんどん親密になっていく‥。 ネタバレになるといけないので、詳しくは書きませんが。 私は…

最近読んだ本たち 2.

田中兆子さん 『甘いお菓子は食べません』新潮文庫私は現在、自分がどんな生き方をしたいのか迷走中です。その為、同じ年代から少し上の女性の生き方が気になって、ブログを含め色々と読み始めました。 そんな時、帯にある40代の女性のことなんか知りたくな…

最近読んだ本たち。

① 津村記久子さん 『とにかくうちに帰ります』 新潮文庫パートで働いている頃の話。通勤先は大きな川を渡った数駅向こう。 朝のニュースで台風の影響で電車が運休する可能性が有るので、予定の無い方は自宅に居るようにと言われる日がありました。その日、残…

好きな本。

好きな本はと聞かれたら、私はこの3冊をあげます。 ①江國香織さん 『いくつもの週末』集英社文庫 結婚してまだ間もない頃出会った本。 新婚と呼ばれる頃。何かを決めるとなると必ず喧嘩になり、夫との関係に悩んでいました。そんな時、自分を尊重する事も、…